神経性疼痛は早めに診察を【ツライ症状改善ガイド】

医者

最新記事一覧

痛みを受け入れる心情

女の人

神経性疼痛は、ピリピリした痛みが残るために、痛みに敏感な患者の多くが薬に頼りがちです。しかしながら、神経性疼痛の緩和にストレスが関与していることも重なり、近年では、ストレスを解消しながら、薬レスでの緩和治療がスタートしています。

詳細を確認する

帯状疱疹完治後も続く痛み

病院

帯状疱疹にかかって抗ヘルペスウイルス剤を服用し病気自体が治っても、痛みだけがいつまでも続くことがあります。これは病気によって神経がダメージを受けたことによる痛みで、神経性疼痛というものです。この場合は別の治療が必要になります。

詳細を確認する

糖尿病の人は注意が必要

笑顔の男性

神経性疼痛は自分には関係のない病気だと思っている人が大勢いますが、糖尿病患者やその予備軍の人にとっては大いに関係のある病気といえます。糖尿病が深刻化して足を切断した場合などにこの神経性疼痛が現れることが多いからです。

詳細を確認する

神経による体の痛みの対処

2人のナース

神経性疼痛の治療は、薬物による治療法が一般的ですが痛み止めだけに頼らない治療法が必要です。痛みの原因がストレスであることもあるので、認知行動療法も治療に加えながらリハビリを続けていくと回復しやすいです。

詳細を確認する

生活の質を整える事が大切

座る女性

神経性疼痛について解説しています。神経性疼痛とは様々な神経における損傷を受けた時の痛みの総称で、一般的には痛みを感じる部位によって座骨神経痛や腰痛症などといった症状があります。ここでは神経性疼痛に関する総合的な解説内容をまとめています。

詳細を確認する

原因がはっきりしない痛み

女医

痛みが長引く

痛みを感じることは苦痛でありそれが長引くと生活に支障が出たりストレスもたまりますが、痛みとは身体が危険を感知して知らせる信号であり、生きる上でかかせない感覚です。そして痛みの原因も様々であり、打撲や骨折、切創などの外傷性のものから人間関係や仕事上などから起こる心理的なものや神経が圧迫されたり障害されたりして起こる神経性疼痛などがあります。神経性疼痛は、糖尿病の合併症や帯状疱疹の治療後に続く痛みや脳疾患系の病気などで発生することがあります。神経性疼痛の特徴は、外見は傷や炎症などが見当たらないのに痛みが起こることです。神経性疼痛は放置しておくと慢性の痛みに変わることがあり、血の巡りが悪化して痛みが起こる物質を生み出すために血管を収縮させてさらに痛みが出る悪循環につながります。この悪い流れを断ち切るためには、早いうちに医師の診察を受けることが重要です。人間が生来備え持っている痛みを抑制する能力は、痛みが長時間続くと弱体化して痛みをより強く感じるようになるのです。

症状と原因

神経性疼痛でよく知られているものに、帯状疱疹後神経痛、糖尿病神経障害、坐骨神経痛などがあります。神経性疼痛の痛みは神経が様々な刺激を受けて興奮することで起こり、外見上治っていても継続して痛みを感じることがあり、その原因が特定しにくく神経障害によって痛みが持続している可能性が高く鎮痛剤などを投与しても効果が少ないのです。しかし神経性疼痛にはいくつかのパターンがあるので、診察を受けるときに医師のその症状の特徴をなるべく正確に伝えることが大事になってきます。神経性疼痛の症状としてあげられるのは、長い時間痛みが継続している、断続的に痛みを強く感じる、わずかな刺激で反応して強い痛みがある、しびれや刺すような痛みがあるなどです。そして神経性疼痛の原因として考えられるのは、糖尿病の代謝障害による神経障害や帯状疱疹ヘルペスの感染による神経障害、抗がん剤による副作用によるもの、外傷による神経の切断などがあります。痛みが慢性化するまえに早く医師の診察を受けて治療するようにします。