神経性疼痛は早めに診察を【ツライ症状改善ガイド】

両手を広げる女性

痛みを受け入れる心情

女の人

薬に頼らない

神経性疼痛は痛みを緩和させることがもっとも肝心となり、精神科クリニックにおいては、痛みを納得し、目標を作ることで緩和処置できる治療法を提案しています。神経性疼痛の主な治療法として、これまでは三環系抗うつ薬などの薬が処方されてきたものの、眠気などの副作用など、痛みに覆い被さる症状まで引き起こしてしまいやすい難点が挙げられていました。神経性疼痛は痛みが慢性化しやすく、また、難治病とされているため、長く続く痛みを和らげるために薬に頼るケースは増えています。しかしながら、身体や心のみならず、副作用の影響は生活の質までが低下しやすくなるため、薬に頼らず、痛みを受け入れることも重要視されています。この治療法により、脳の機能も良い方向性に向かうデータも医療機関から報告されており、また、気持ちの問題とされてきた障害であったものの、脳の機能回復に運動が適していることも解明されています。納得する気持ちと、痛みの回復に繋がる目標を行動で示すなど、治療の変遷が挙げられています。

ストレスが関与している

痛みの中でも、慢性痛と指摘されているのが神経性疼痛で、組織の損傷や病気による皮膚の症状が完治しても神経のみが痛む病気で、ピリピリ・ジンジンと痛みやしびれが症状として現れるのが特徴です。さらに近年では、糖尿病性神経障害や脊柱管狭窄症などが完治した後、ビリビリ・ピリピリした痛みを医療機関に相談する糖尿病患者数が増えていますが、この痛みも一種の神経性疼痛であるのが特徴です。神経の傷によって、触っただけで痛むなどの感覚があり、一般的には神経外科などの医療機関での治療が提案されていますが、中枢機能に特化した精神科クリニックでの治療も近年では進められています。強く深い部分で精神的なストレスを受けることにより、本来ならば痛みを抑制するはずの脳機能が低下してしまうため、痛みが根強く残ってしまいます。神経性疼痛の緩和のためにも、不安や怒りなどの慢性ストレスを遠ざける必要があり、その障害緩和を担う働きかけとして、精神科クリニックが連携して動き出してくれています。