神経性疼痛は早めに診察を【ツライ症状改善ガイド】

両手を広げる女性

生活の質を整える事が大切

座る女性

身体に痛みを伴う病気

神経性疼痛は神経の障害によって引き起こされる痛みが伴う病気で、多くは鎮痛剤が効きにくく、治療が難しい病気であるとされており難治性のある疼痛であるとされています。神経が様々な原因によって異常に興奮した状態なり身体の各部分において痛みが生じる病気で、治療の際にはできるだけ生活の質を高めるための工夫をする事が大切であるとされています。また痛みをできるだけ鎮痛剤で抑えるための治療方法が提案されてはいるものの、現時点では痛みを緩和し残存している痛みをいかに対処するかといった治療を重点的に行う事を目標として治療が行われると言われています。痛みの原因は癌による神経の損傷や、他にも物理的障害による末梢神経の損傷、または中枢神経の障害、機能的障害などが原因として挙げられると言われています。いずれにしても人間の人体において神経が傷付くなどで起こる病気であり、治療方法としては現在有効的である鎮痛剤を活用して生活の質を向上させる事を目的とし、治療が行われるのが一般的であるとされています。

原因は神経の障害

神経性疼痛の具体的な症状としては、身体の各部分に痛みを伴う病気です。近年良く話題になる座骨神経痛も神経性疼痛のひとつであり、座骨神経が何らかの原因によって傷付いてしまっている事が原因によって神経性疼痛が起こっている事になります。医学的にはアロディニアと呼ばれており、身体に触れた時の刺激で強烈な痛みを伴う症状や、他にも持続的な自発痛があります。こうした症状において、炎症を抑えるための鎮痛剤が効きにくく痛みが消えにくいという特徴がある病気です。慢性的な神経性疼痛にもなると非常に強い痛みにも効果のある薬物治療が行われる場合もあり、時としてはモルヒネやフェンタニルといったとても強い痛みを抑える薬でさえ思うように効果を発揮する事ができない場合もあるとされています。しかし同じ神経性疼痛でも身体の各部において様々な程度の症状が現れるほか、上記のような重い症状ばかりではなく軽い症状の場合もあります。ビリビリ、チクチクとしたような不可解な痛みを感じた場合には、できるだけ早めに医師に相談をしてみる事も大切です。